最新情報

オープンCAE勉強会@富山

オープンCAE勉強会@富山(第33回)

追記(6/12):配布している仮想マシンで,画面サイズ変更と仮想マシンモニタサイズ変更が連動しない場合があります。Virtualbox guest additions を再導入する必要があります。操作手順を下記に記載しましたので,必要な方は修正をお願いいたします。
https://youtu.be/1-bwwIEubLI
--

オープンCAE勉強会@富山(第33回)を,6月13日(土)に,富山県立大学にて開催いたします。
 今回は, 下記2つのミニ講習会を予定しています。講師は秋山様と中川です。
 恒例の交流会「ますの寿司 食べ比べ」も開催いたします。

  ミニ講習会(1)
   「Salome-MecaのCADとMesh」
  ミニ講習会(2)
   「OpenFOAMカスタマイズ超入門:ソースコードの構造を見る(仮)」
   
 ミニ講習会(1)では,Salome-meca 2015.1 をベースに説明していただきます。これが使えるPCをご用意ください。見学だけでも歓迎します。
 
 ミニ講習会(2)では,OpenFOAM 2.3系 をベースに,ソースコードの眺め方の基礎を説明します。OpenFOAMがインストールされたPCがあれば,ファイルを確認しながら受講できます。見学だけでも歓迎します。
 
 講習会で使用できるVirtualbox用仮想マシンを作成いたしました。下記から,仮想アプライアンス(Open Virtualization Format OVF 形式。ファイル拡張子はOVA。)をダウンロードしてください。ダウンロードしたファイルを,Virtualboxの「ファイル」-「仮想アプライアンスのインポート」メニューから指定し,仮想マシンをインポートできます。(Virtualbox以外の仮想マシンでもインポート可能かもしれません。)
 なお,ダウンロードするファイルの容量は3.6GB程度ですが,本仮想マシンをインポート後のディスクファイル容量は12GB程度です。ハードディスク容量に余裕のあることをご確認のうえ,ご使用ください。 
 この仮想マシンでは,LXLE 14.04(Ubuntuベース)のOSの上に,OpenFOAM 2.3.1,treeFoam,FreeCAD,Salome-Meca がインストールしてあります。
 
https://drive.google.com/file/d/0B-92kZICRjZ5QlFybm5LYUUxTlU/view?usp=sharing

 Virtualboxは下記サイトからダウンロードすることが可能です。
 注意:Windows版では,4.3.14以降のバージョンで,セキュリティーソフトとの問題が発生し,仮想マシンを起動できないトラブルが多数報告されています。Windowsをお使いの方で,問題が発生した方は,4.3.12バージョンの利用をご検討ください。下記から取得可能です。

詳細情報,ならびに,お申込みは,下記サイトをご覧ください。
講習環境の最新情報も下記サイトに記載いたします。

お気づきの点,ご質問,ご要望などございましたら,中川までお知らせ下さい。
初参加で環境準備方法がわからない方は,中川までお知らせ下さい。

なお,富山県立大学のサイトで,過去の資料などを公開しております。


今後の開催予定

■第34回オープンCAE勉強会@富山
 日時:2015年7月25日(土) 13:00~17:30 
 場所:富山県立大学 機械システム工学科 学科会議室
 概要:ミニ講習(予定) OpenFOAM 非ニュートンモデル カスタマイズ

オープンCAE勉強会@富山(第32回)開催のお知らせ

オープンCAE勉強会@富山(第32回)を,5月16日(土)に,富山県立大学にて開催いたします。
 今回は, 下記2つのミニ講習会を予定しています。講師は秋山様です。
  ミニ講習会(1)
   「OpenFOAM非ニュートンモデルチュートリアル」
  ミニ講習会(2)
   「Salome-MecaのCADとMesh」
   
 ミニ講習会(1)では,当勉強会の新しいプロジェクト「OpenFOAM 非ニュートンモデルのカスタマイズ」の一環です。OpenFOAM 2.3系 をベースに説明していただきます。これが使えるPCをご用意ください。見学だけでも歓迎します。
 
 ミニ講習会(2)では,Salome-meca 2015.1 をベースに説明していただきます。これが使えるPCをご用意ください。見学だけでも歓迎します。
 
 講習会で使用できるVirtualbox用仮想マシンを作成いたしました。下記から,仮想アプライアンス(Open Virtualization Format OVF 形式。ファイル拡張子はOVA。)をダウンロードしてください。ダウンロードしたファイルを,Virtualboxの「ファイル」-「仮想アプライアンスのインポート」メニューから指定し,仮想マシンをインポートできます。(Virtualbox以外の仮想マシンでもインポート可能かもしれません。)
 なお,ダウンロードするファイルの容量は3.6GB程度ですが,本仮想マシンをインポート後のディスクファイル容量は12GB程度です。ハードディスク容量に余裕のあることをご確認のうえ,ご使用ください。 
 この仮想マシンでは,LXLE 14.04(Ubuntuベース)のOSの上に,OpenFOAM 2.3.1,treeFoam,FreeCAD,Salome-Meca がインストールしてあります。
 

 Virtualboxは下記サイトからダウンロードすることが可能です。
 注意:Windows版では,4.3.14以降のバージョンで,セキュリティーソフトとの問題が発生し,仮想マシンを起動できないトラブルが多数報告されています。Windowsをお使いの方で,問題が発生した方は,4.3.12バージョンの利用をご検討ください。下記から取得可能です。

詳細情報,ならびに,お申込みは,下記サイトをご覧ください。
講習環境の最新情報も下記サイトに記載いたします。

お気づきの点,ご質問,ご要望などございましたら,中川までお知らせ下さい。
初参加で環境準備方法がわからない方は,中川までお知らせ下さい。

なお,富山県立大学のサイトで,過去の資料などを公開しております。


今後の開催予定

■第32回オープンCAE勉強会@富山
 日時:2015年5月16日(土) 13:00~17:30 
 場所:富山県立大学 機械システム工学科 学科会議室
 参加登録:https://atnd.org/events/64665
 概要:ミニ講習会(1)「OpenFOAM非ニュートンモデルチュートリアル」
    ミニ講習会(2)「Salome-MecaのCADとMesh」
    交流会 ますの寿司 食べ比べ
 詳細については,参加登録サイトをご参照ください。

■第33回オープンCAE勉強会@富山
 日時:2015年6月13日(土) 13:00~17:30 
 場所:富山県立大学 機械システム工学科 学科会議室
 参加登録:https://atnd.org/events/64666
 概要:ミニ講習(予定) OpenFOAMのための OpenFOAMによる メッシュ生成
  詳細については,参加登録サイトをご参照ください。

■第34回オープンCAE勉強会@富山
 日時:2015年7月25日(土) 13:00~17:30 
 場所:富山県立大学 機械システム工学科 学科会議室
 概要:ミニ講習(予定) OpenFOAM 非ニュートンモデル カスタマイズ
  詳細については,参加登録サイトをご参照ください。
  

オープンCAE勉強会@富山(第29回)開催のお知らせ


オープンCAE勉強会@富山(第29回)開催のお知らせです。
1月31日(土)に,富山県立大学にて開催いたします。

今回は, 講習会「Salome-Mecaを使用した熱伝導解析入門&解析手法の違いによる熱伝導解析比較」 
を開催します。講師は秋山様です。2013/09/21 
オープンCAE勉強会@富山(第14回)のアップデート版です。これまでの勉強会と同様に,Salome-Mecaの動作するPCや仮想環境をご用意ください。

詳細情報,ならびに,お申込みは,下記サイトをご覧ください。
講習環境の最新情報も下記サイトに記載いたします。

お気づきの点,ご質問,ご要望などございましたら,中川までお知らせ下さい。
初参加で環境準備方法がわからない方は,中川までお知らせ下さい。

なお,富山県立大学のサイトで,過去の資料などを公開しております。

オープンCEA勉強会@富山(第28回)が終了しました。

オープンCEA勉強会@富山(第28回)が2014年12月13日(土)に開催されました。参加者は10名(教員3名(1校),学生5名(2校),社会人2名)でした。
心配された雪の影響もなく,寒い中でしたが,関東・金沢・富山からの参加者が集いました。



 OpenFOAMのソースコードに関係する講習会として,「OpenFOAMのソースコードとコンパイルの基礎」を開催しました。
 OpenFOAMのカスタマイズに向けて,ソースコードの構成,コンパイルの仕組みなどを学びました。laplacianFoamを例に確認していきましたが,複雑な場合としてlagrangian(離散粒子関連ライブラリ群)についても調査しました。カスタマイズに取り組んでいる参加者,これから取り組む参加者との間で,はまりがちなミスなどについても話し合いました。

 学生参加者から,OpenFOAMを使った取り組みについての報告がありました。
 DESを使った小型風車の解析や、大気圏再突入カプセルでのアブレーション解析を目指す取り組みなど,とても興味深いものでした。これからも参加していただけそうで,発展が楽しみです。
 
 燃焼の解析を目指した取り組みの報告がありました。この中では,Chemical Kinetics, Thermodynamics, transport processesの解析に役立つオープンソースソフト Cantera の報告などがありました。
 http://cantera.github.io/docs/sphinx/html/index.html
 
 多流体ソルバの開発に関する報告がありました。様々なソルバをチェックし,必要な機能を組み合わせたソルバの開発が進められています。具体的な開発過程を報告していただきました。
 
 さらに,Salome-mecaでの熱伝導解析に関する報告もありました。
 
次回は,1月31日(土)に開催の予定です。構造解析系の講習会を予定しています。

オープンCEA勉強会@富山(第26回)が終了しました。


オープンCEA勉強会@富山(第26回)が2014年10月18日(土)に開催されました。参加者は7名(教員1名,学生3名,社会人3名)でした。

講習会「Salome-Mecaを使用した構造解析入門」を開催しました。Salome-Mecaを使った基本モデルの作成,Asterのウィザード基礎的な解析を実施しました。さらに,Eficasを使い,様々な境界条件を課したシミュレーションに挑戦しました。

学生参加者から,OpenFOAMのDEM機能に関する報告がありました。ソースコードを解読し,新たな機能の追加に挑戦しています。
さらに,もう1名の学生参加者から,カスタマイズしたDEM/流体解析と2流体モデルでの固液混相流解析について報告がありました。

その他に,OpenFOAMでのダイナミックメッシュ機能と混相流解析についての報告,デバッグ情報の出力方法など,報告されました。

次回は,11月29日(土)に開催の予定です。構造解析系の講習会を予定しています。
今後の開催予定は,12月(日程調整中),1月31日(土)です。

10月18日(土)オープンCEA勉強会@富山(第26回)開催のお知らせ

2014/10/16追記
 講習会では,Salome-meca 2014.2 をベースに説明していただきます。これが使えるPCをご用意ください。見学だけでも歓迎します。
 講習会で使用できるVirtualbox用仮想マシンを作成いたしました。下記から圧縮ファイルをダウンロードしてお使いください。圧縮形式は7zipです。解凍できない場合には7zipソフト(http://sevenzip.sourceforge.jp)をご利用ください.
https://drive.google.com/file/d/0B-92kZICRjZ5dk5kQVI2bmxkSG8/view?usp=sharing
 今回から,配布する仮想マシンを,Virtualbox用とさせていただきます。Virtualboxがオープンソースソフトであること,機能が向上してきたこと,マルチプラットフォームに対応していること,これまでのVMWarePlayerは業務に使えないこと,が理由です。
 Virtualboxは下記サイトからダウンロードすることが可能です。
https://www.virtualbox.org
 注意:Windows版では,4.3.14以降のバージョンで,セキュリティーソフトとの問題が発生し,仮想マシンを起動できないトラブルが多数報告されています。Windowsをお使いの方で,問題が発生した方は,4.3.12バージョンの利用をご検討ください。下記から取得可能です。
https://www.virtualbox.org/wiki/Download_Old_Builds_4_3

--
オープンCAE勉強会@富山(第26回)を,10月18日(土)に,富山県立大学にて開催いたします。

 今回は, 講習会「Salome-Mecaを使用した構造解析入門」 を開催します。講師は秋山様です。
 昨年(2013/07/27)開催のアップデート版です。基本的なウィザードと簡単なeficasの編集に取り組み,構造解析を実施します。

詳細情報,ならびに,お申込みは,下記サイトをご覧ください。
講習環境の最新情報も下記サイトに記載いたします。

お気づきの点,ご質問,ご要望などございましたら,中川までお知らせ下さい。
初参加で環境準備方法がわからない方は,中川までお知らせ下さい。

なお,富山県立大学のサイトで,過去の資料などを公開しております。


今後の開催予定は,
11月29日(土)
です。

オープンCAE勉強会@富山(第25回)が終了しました。

オープンCAE勉強会@富山(第25回)が ,2014年9月27日(土)に開催されました。参加者は15名(教員6名(3校),学生8名(4校),社会人1名:男女比1:0)でした。6時間以上かかる遠方からの参加者もいらっしゃいました。

 講習会「OpenFOAMのカスタマイズ・ソースコード改造入門(interFoamへの温度場計算追加)」を開催しました。
  資料の一部は,http://eddy.pu-toyama.ac.jp/オープンCAE勉強会-富山/ にて公開しています。このサイトの上部にあるキャビネットから,20140927第25回のフォルダをご覧ください。

 OpenFOAMのソースコードを改造し,オリジナル機能を追加することに挑戦しました。VOF法による2相流ソルバであるinterFoamを改造し,温度式の追加などの作業を行い,2層流の流れによる温度場の変化を求める事が可能となりました。カスタマイズ作業の全体像を知り,OpenFOAMプログラミングの基本についても復習しました。


 今後の開催予定は,
    10月18日(土)
    11月29日(土)
です。10月は構造系のミニ講習会を開催する予定です。
 変更の可能性はあります。最新情報は,このサイトや,facebookのオープンcae勉強会@富山ページでお知らせします。
 https://www.facebook.com/OpenCAEstudyGroupAtToyama

9月27日(土)オープンCEA勉強会@富山(第25回)開催のお知らせ

オープンCAE勉強会@富山(第25回)開催のお知らせです。
9月27日(土)に,富山県立大学にて開催いたします。

 今回は,*講習会「OpenFOAMのカスタマイズ・ソースコード改造入門(interFoamへの温度場計算追加)」* を開催します。講師は中川です。
 OpenFOAMのソースコードを改造し,オリジナル機能を追加することに挑戦します。
 下記リンク先を参考に,VOF法による2相流ソルバであるinterFoamを改造し,温度式の追加などの作業を行い,カスタマイズ作業の全体像を知る内容を考えています。

Adding temperature to InterFOAM, with edited source code (OpenFOAM v.2.3.0) by Damiano Natali (Wolf dynamics).
http://www.wolfdynamics.com/conferences-and-publications.html

 3月の第19回講習会では,icoFoamに温度場計算を追加しました。その講習では,ソルバの改造だけでした。今回の講習では,ライブラリを改造し,改造したライブラリをソルバで利用することにも挑戦する予定です。

 なお,講習会が長くなる可能性が高いです。そのため,今回は講習会をメインとして,時間の残った場合にかぎり,参加者からの報告を実施する予定です。

詳細情報,ならびに,お申込みは,下記サイトをご覧ください。
講習環境の最新情報も下記サイトに記載いたします。
https://atnd.org/events/54349

なお,富山県立大学のサイトで,過去の資料などを公開しております。
http://eddy.pu-toyama.ac.jp/オープンCAE勉強会-富山/

今後の開催予定は,
10月18日(土)
11月29日(土)
です。

オープンCAE勉強会@富山(第24回)が終了しました。

 オープンCAE勉強会@富山(第24回)が ,2014年8月23日(土)に開催されました。参加者は6名(教員2名,学生1名,社会人3名:男女比1:0)でした。猛暑の中,遠方からの参加者もいらっしゃいました。

 講習会「cfMeshによるメッシュ作成入門」を開催しました。最新のOpenFOAM用メッシュ生成ユーティリティであるcfMeshを使って,メッシュの作成に挑戦しました。Salome-Mecaでの形状作成からメッシュ生成まで,一連の作業を経験しました。多くの例題に挑戦し,cfMeshによるメッシュ生成の特徴を学びました。

 foam-extend による固体構造解析に関する報告がありました。最新バージョンでは,機能が充実してきているようです。亀裂の進展解析まで可能とのことでした。

 脈動流の伝熱に関する取組みが報告されました。今後の進展が楽しみです。
 
 その他に,extBlockMeshの最新情報,treeFoamの紹介などがありました。 

 資料の一部は,http://eddy.pu-toyama.ac.jp/オープンCAE勉強会-富山/ にて公開する予定ですしています。(20140826講習会資料アップしました。)
このサイトの上部にあるキャビネットから,20140823第24回のフォルダをご覧ください。

 次回は,9月27日(土)に開催します。OpenFOAMのためのC++入門や,OpenFOAMライブラリカスタマイズ超入門の講習会を予定しています。ご要望がございましたら,お知らせ下さい。
 参加申込サイトは下記です。
   https://atnd.org/events/54349
 
 今後の開催予定は次の通りです。変更の可能性はあります。最新情報は,このサイトや,facebookのオープンcae勉強会@富山ページでお知らせします。
 
10月18日(土)
11月29日(土)

オープンCAE勉強会@富山(第23回)が終了しました。

 オープンCAE勉強会@富山(第23回)が ,2014年7月26日(土)に開催されました。参加者は11名(教員2名,学生4名,社会人5名:男女比1:0)でした。猛暑の中,遠方からの参加者もいらっしゃいました。

 講習会「Salome-Mecaを使用したメッシュ生成(非構造格子)」を開催しました。基本的な形状の3次元モデルを作成し,非構造格子を生成しました。いくつかのパラメータ設定方法を学び,品質の良いメッシュを生成する方法も教えていただきました。

 大学院生から,OpenFOAMへの取り組みが報告されました。どちらも混相流ソルバに関するものでした。様々な物理モデルや,OpenFOAMソースコードについて,調査が進められているようです。今後の進展が期待されます。
 新メンバーから,噴霧燃焼系ソルバに関する取り組みの報告がありました。
 
 DEXCS2014開発状況についての報告では,最新ツールについての様々な情報が提供されました。リリースが待ち遠しいです。
 
 その他に,最適化ソフトウェアに関する発表,新しい勉強会に関する報告,先月クロアチアで開催されたOpenFOAM Workshopへの参加報告などがありました。

 資料の一部は,http://eddy.pu-toyama.ac.jp/オープンCAE勉強会-富山/ にて公開しております。
このサイトの上部にあるキャビネットから,20140726第23回のフォルダをご覧ください。

 次回は,8月23日(土)に開催します。Salome-Mecaを使ってヘキサメッシュ(構造格子)を作成する講習会最新のOpenFOAM用メッシュ生成ユーティリティ cfMesh の講習会を予定しています。
 次々回は,9月27日(土)の予定です。OpenFOAM関連の講習会を予定しています。
 
 今後の開催予定は次の通りです。変更の可能性はあります。最新情報は,このサイトや,facebookのオープンcae勉強会@富山ページでお知らせします。
 https://www.facebook.com/OpenCAEstudyGroupAtToyama
 
 第24回 8月23日(土) OpenFOAM用メッシュ生成ユーティリティ cfMesh の講習会と勉強会
 第25回 9月27日(土) OpenFOAM関連の講習会 (開催希望のテーマがございましたら,お知らせ下さい。)

OpenFOAM入門講習資料追加のお知らせ

OpenFOAM 関連 講習会 の資料を追加いたしました。

はじめてのOpenFOAM OpenFOAM入門講習会 (講師:富山県立大 中川),第13回 オープンCAE勉強会@富山 2014/01/25
20140125はじめてのOpenFOAM_part1_公開.pdf
20140125はじめてのOpenFOAM_part2_公開.pdf
20140125はじめてのOpenFOAM_part3_公開.pdf

OpenFOAMによるメッシュ操作入門(講師:富山県立大 中川),第21回 オープンCAE勉強会@富山 2014/05/10
20140510メッシュ生成入門_実習_公開.pdf   ←講習資料
Training-Mesh-OpenFOAM-basic.zip   ←例題ケースファイル

オープンCAE勉強会@富山(第21回)開催のお知らせ

5月10日(土)に,富山県立大学にて開催させていただきます。
諸般の事情により,他行事と重複する日程となりますことをお詫び申上げます。

 今回は, ミニ講習会「OpenFOAMによるメッシュ生成入門」を開催します。講師は中川です。[昨年6月8日(土)に開催した講習会のupdate 版です。]
 オープンソースの流体解析ソフトとして大きな関心を集めているOpenFOAMを使って,解析に必要なメッシュを生成する方法の基礎を学びます。 
 OpenFOAM付属のユーティリティ(blockMesh, snappyHexMesh)を使って,基本的な形状のモデルを作成します。

 比較的簡単な形状で,実際に作ってみたいものがございましたら,中川まで早めにお知らせ下さい。対応可能でしたら,講習の例題として取り上げます。

 OpenFOAMが実行できるノートPCをご持参ください。あるいは,仮想マシンを実行できる環境をご用意いただき,配布する仮想マシンを起動してください。

 詳細情報,ならびに,お申込みは,下記サイトをご覧ください。
講習環境の最新情報も下記サイトに記載いたします。

1000ダウンロードを突破した資料があります

オープンCAE勉強会@富山の資料は,ウェブサイト(http://eddy.pu-toyama.ac.jp/オープンCAE勉強会-富山/)で公開中です。

 もっとも人気の資料は,Salome-MechのCAD機能 ミニ講習(20130416第9回 秋山氏)です。本日,1000ダウンロードを突破しました。

 それに続くのは,OpenFOAMソースコード解読へ向けて(20130608第11回 中川)で,700回強のダウンロードです。

 他にも,400~600回程度ダウンロードされている資料も多くあります。

資料をご活用いただいた皆様,機会があれば,ぜひ,各地で開催中の勉強会に参加してください。
各地のオープンCAE勉強会リンク

勉強にて話題提供,資料提供してくださる皆様に感謝申上げます。

オープンCAE勉強会@富山(第20回)が終了しました。

 オープンCAE勉強会@富山(第20回)が ,2014年4月12日(土)に開催されました。参加者は10名(教員2名,学生4名,社会人4名:男女比9:1)でした。今回は,富山県外からの参加はありませんでした。修士2年生は就職活動のため欠席でしたが,新しく2名の卒研生が参加してくれました。今後の活躍が楽しみです。

 講習会「FreeCAD入門講習会」を開催しました。FreeCADの最新版(0.14)を使って,基本的な3次元モデルの作成方法を学びました。ゆっくりと時間をとり,いくつかの練習問題に取組むことができました。

 修士1年生から,昨年度の卒業研究の発表が1件ありました。compressibleInterFoamを使って,ハンダ流動解析に温度場を含めて考えています。固体との連成へと進展が期待されます。
 DEM法に関して,OpenFOAM最新版2.3.0で導入された新ソルバの解読報告がありました。まだ途中ですが,実装されている内容の解読に挑んでいます。ソースコードの解読ノウハウも,情報発信してくれるそうです。
 多孔質体のシミュレーションに関する報告がありました。

 関連資料は,近日中に公開の予定です。
 
 今後の開催予定は次の通りです。変更の可能性はあります。最新情報は,このサイトや,facebookのオープンcae勉強会@富山ページでお知らせします。
 https://www.facebook.com/OpenCAEstudyGroupAtToyama
 
 第21回 5月10日(土) OpenFOAM関連講習と勉強会
 第22回 5月31日(日) Salome-Meca関連講習と勉強会
 第23回 7月26日(土)

IE11対応について

 このサイトのファイルキャビネットに格納したファイルが,マイクロソフト社の最新ブラウザであるインターネットエクスプローラー11(IE11)では表示されないことが判明しました。現在,一時的なパッチをあてて対応しました。
 IE11をお使いの方は,互換表示設定をご利用いただくことが,ファイルが表示されます。互換表示設定方法については,こちらのリンク先をご参照ください。

 あるいは,別のブラウザでご覧いただくと,正常に表示されます。

本サイトが利用するNetCommonsの問題です。次期版で対策となっております。いましばらく,お待ちください。

ご迷惑をおかけしますことをお詫び申し上げます。

オープンCAE勉強会@富山(第20回) 開催案内

オープンCAE勉強会@富山(第20回)開催のお知らせです。
4月12日(土)に,富山県立大学にて開催させていただきます。

 今回は, ミニ講習会「FreeCAD入門講習会」を開催します。講師は秋山様です。オープンソースの3D CADとして大きな関心を集めているFreeCADを,参加者持参のPCで操作しながら,基本的なモデルの作成に挑戦します。はじめてFreeCADに触れる人を対象として,実際にソフトウェアを操作しながら,基本的な使い方を学んでいきます。[昨年1月12日(土)に開催した講習会のupdate版です。]
 ノートPCにFreeCADをインストールしてご持参ください。FreeCADは,Windows 版,Mac版, Linux版など,各種が用意されています。

 詳細情報,ならびに,お申込みは,下記サイトをご覧ください。
講習環境の最新情報も下記サイトに記載いたします。
http://atnd.org/events/49340

 FreeCADウェブサイト
     http://www.freecadweb.org/

お気づきの点,ご質問,ご要望などございましたら,中川までお知らせ下さい。
初参加で環境準備方法がわからない方は,中川までお知らせ下さい。

なお,富山県大のサイトで,過去の資料などを公開しております。
http://eddy.pu-toyama.ac.jp/オープンCAE勉強会-富山/

オープンCAE勉強会@富山(第19回)が終了しました。

 オープンCAE勉強会@富山(第19回)が ,2014年3月23日(日)に開催されました。参加者は15名(教員4名,学生4名,社会人7名:男女比15:0)でした。富山,石川,岩手,愛知,京都からの参加がありました。遠くからお越し頂きありがとうございました。
 講習会「OpenFOAMのカスタマイズ・ソースコード改造 超入門」を開催しました。ソースコードの改造や,コマンド操作があり,初心者には難しいところもありましたが,全員が一連の作業を終えることができました。 
 卒業研究の発表が2件ありました。卒業式後、および、卒業式前日にもかかわらず,報告していただき,ありがとうございました。
 DEM法に関する複数の発表がありました。いくつか課題や不明点があり,今後の調査が必要なようです。
 OpenFOAM 2.3.xのチュートリアル実施についての報告がありました。その中でも,新しいメッシュ生成手法であるfoamyHexMeshについては,多くの関心が寄せられました。

 終了後に有志による親睦会を開催し,旬のホタルイカなどを楽しみながら,様々な意見交換ができました。

 講習会配付資料や、発表関連資料は下記リンク先の「20140323第19回」フォルダから閲覧が可能です。

 次回は,4月12日(土)の予定です。
 
 
 

講習用PCについて-3月23日(日)第19回勉強会

## 講習内容について ##

講習内容やプログラムについては,下記サイトに公開しています。
https://github.com/snaka-dev/Training_begineer_OpenFOAM_Customize

講習会では,下記の文書を見ながら,作業を行います。当日は印刷資料を配付します。
https://github.com/snaka-dev/Training_begineer_OpenFOAM_Customize/blob/master/Text.md


## OpenFAOMのバージョンについて ##

上記の資料では,OpenFOAM 2.3.x をベースに説明しています。

OpenFOAM 2.0 以降のバージョンであれば,問題はないと思います。


## 講習用PCについて ##

講習会では, 参加者持参のノートPC を使います。

Windowsマシンをご利用の方は,仮想環境を使って,OpenFOAMを利用します。VMware Playerをインストールし,起動できる状態でご参加下さい。(注意1)

OpenFOAMをインストールした仮想マシンを配布します。次のリンクからZIP形式で圧縮した仮想マシンをダウンロードできます。当日はUSBメモリでもお渡しします。
https://drive.google.com/file/d/0B-92kZICRjZ5eTZXVktjTjJIWWM/edit?usp=sharing

この仮想マシンは,OS: Lubuntu14.04beta1,OpenFOAM 2.3.x (git install),割り当て最大メモリ756MB,仮想ディスク最大15GB(使用量8.5GB程度)です。

OpenFOAM 2.0以降がインストールされた環境をお持ちの方は,それをお使いいただいて結構です。C++のコンパイルが

Macをご利用の方は,ご相談ください。VMwareの仮想ディスクを,Virtualboxから使えるそうです。

注意1:
  VMware Player は,個人利用にかぎり無償で使用できます。商用利用の場合はライセンスが必要となります。
  下記サイトから, VMware Player and VMware Player Plus for Windows をダウンロード,インストールしてください。ライセンスキーなしでは無償版として,ライセンスキーを入力すれば商用版として利用できます。
  https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/6_0


## ご自分でOpenFOAM利用環境を用意される方へ ##

OpenFOAMのインストールされたPC(または,その仮想環境)をご自分で用意される方にお願いです。今回はコンパイル作業が入ります。

ご利用のOpenFOAMバージョンに応じたコンパイル環境をご準備ください。下記サイトから,ご利用のバージョンのページをご覧いただき,Source Pack Installation の System Requirements をご参照ください。OS毎に追加で必要とされるパッケージが記載されています。

OpenFOAM 2.3.0
http://www.openfoam.org/download/source.php

OpenFOAM 2.2.2
http://www.openfoam.org/archive/2.2.2/download/source.php

OpenFOAM 2.2.1
http://www.openfoam.org/archive/2.2.1/download/source.php

OpenFOAM 2.2.0
http://www.openfoam.org/archive/2.2.0/download/source.php

さらに以前のバージョンを含むリンク一覧
http://www.openfoam.org/download/archive.php


## その他 ##

ご質問などございましたら,中川までご連絡ください。

オープンCAE勉強会@富山(第19回)開催案内

オープンCAE勉強会@富山(第19回)開催のお知らせです。
3月23日(日)に,富山国際会議場201会議室にて開催させていただきます。*会場がいつもと違います!* 富山市内での開催ということで,勉強会終了後には,有志による交流会も開催します。

詳細情報,ならびに,お申込みは,下記サイトをご覧ください。
講習環境の最新情報も下記サイトに記載いたします。
http://atnd.org/events/48446

今回は, ミニ講習会「OpenFOAMのカスタマイズ・ソースコード改造 超入門」 を開催します。講師は中川です。OpenFOAMのソースコードを改造し,オリジナル機能を追加することに挑戦します。OFWiki(下記リンク先)にあるような、icoFoamに温度式を追加などの作業を行い、カスタマイズ作業の全体像を知る内容を考えています。
http://openfoamwiki.net/index.php/How_to_add_temperature_to_icoFoam
 仮想環境VMware PlayerのインストールされたPCをご持参ください。OpenFOAMが動作・コンパイルできるPCをお持ちの方は,そのPCをお使いいただいても結構です。
 OpenFOAMのカスタマイズという,少しマニアックな講習です。作業はせずに見学したいという方も歓迎いたします。
 
 卒業研究等でOpenFOAMを利用した方からの発表を大歓迎します。 勉強会ですので,成果にこだわらず,気軽に取り組みを紹介してください。オープンCAEについて理解したことや,ちょっとした工夫などを発表していただけると,後輩となる卒研生の参考になります。

 勉強会の参加費は無料です。
 勉強会終了後に,有志による交流会を開催します。こちらは実費が必要です。会場~富山駅近辺の飲み屋で開催を狙っています。交流会のみの参加も可能です!
 交流会会場選定のため,早めに参加申込をしていただけるとたすかります。

お気づきの点,ご質問,ご要望などございましたら,中川までお知らせ下さい。
初参加で環境準備方法がわからない方は,中川までお知らせ下さい。

オープンCAE勉強会@富山(第18回)が終了しました。

 オープンCAE勉強会@富山(第18回)が ,2014年2月8日(土)に開催されました。秋山氏による講習会「変数を使用したSalome-Mecaモデリングの自動化」を開催しました。とても簡単に、変数を使ってモデル作成の自動化が可能でした。
 参加者は7名(教員2名,学生1名,社会人4名:男女比7:0)でした。雪の中,遠方からも2名の参加がありました。遠くからお越し頂きありがとうございました。修士論文,卒業論文,就職活動と,学生さんは忙しくて少数でした。
 その他に,OpenFOAM正規版および最新のコミュニティ開発版foam-extend-3.0に含まれる前例題を実行した結果の報告がありました。同じ例題でも結果が違うこともあるようです。その辺りの情報が整理されれば、一般公開となるそうです。楽しみです。
 また,関心の高まりつつある最適化に関する発表として,DakotaとOpenMDAO の報告がありました。
 OpenFOAMユーザから,いくつかの発表がありました。DEM解析については,エラーが発生することがあるようですが,対策はわかりませんでした。OpenFOAMを使った相変化を伴う流れのシミュレーションについての相談もありました。経験豊富な先達からのいろいろなアドバイスが出ていました。
 OpenFOAM2.2から強化されたマクロ機能を使った,境界条件設定の効率化についても報告がありました。

 終了後に有志による親睦会を開催し,冬の魚を楽しみながら,今後の勉強会運営の参考となるご意見を伺うことができました。

 講習会配付資料や、発表関連資料は下記リンク先の「20140208第18回」フォルダから閲覧が可能です。
20140208第18回フォルダ

 次回は,3月23日(日)の予定です。