オープンCAEシンポジウム2022トレーニング

 

オープンCAEシンポジウム2022トレーニングC1・C2 概要

2022年9月17日(土) 9:30-12:40 トレーニング午前熱流体入門初級 午後熱流体応用

 

C1 : OpenFOAMによる熱流体シミュレーション入門

講師 : 中川 慎二 ( 富山県立大学 )

講習概要 : 密閉容器内の自然対流を例にとり,OpenFOAMを使ってソルバの選択から結果の可視化までの一連の流れを体験します.

備考 : 本コースに合わせて,引き続き初級コースを受講することで,日本機械学会計算力学技術者熱流体分野初級認定申請資格・2級受験資格が得られます.

受講にあたって必要な環境:
 仮想マシンにインストールしたOpenFOAM-v2106を利用いたします.
参加登録完了後に参加者向けに事前にお知らせするリンク先から,仮想マシンアプライアンス(ovaファイル)を入手し,「ファイル」-「仮想アプライアンスのインポート」から仮想マシンを読み込んでください.
推奨する仮想環境はOracle VirtualBoxです.Virtualboxをインストールして準備ください.これ以外の仮想環境についての動作は保証いたしません.
 Apple M1 チップを搭載したMac機では Oracle VirtualBox で仮想マシンが起動できません.別のマシンをご用意ください.
推奨するPCのスペック
  CPU : クアッドコア 2GHz 以上
  メモリ : 8GB以上
  内蔵記憶装置 : 30GB以上の空き容量
アプライアンスファイルのサイズ : 約4GB
インポート後に必要とされるディスク容量 : 約15GB

備考:
 十分な知識を持つ方が,自身でインストールしたOpenFOAM-v2106を利用して受講することは可能ですが,トラブル発生時にサポートすることが困難です.
 OSやマシンに十分な知識を持ち,様々なトラブルに自分自身で対応可能であり,事前に十分な動作確認を実施した上で,万一に備えて配布する仮想マシンも動作する状態で受講することを推奨します.
 仮想環境のテストをご希望の場合には,次のリンク先で公開されている仮想マシンアプライアンスをご利用ください.
本講習会で使用するものに近い環境です.

 

C2 : OpenFOAMによる熱流体シミュレーション初級

講師 : 中川 慎二 ( 富山県立大学 )

講習概要 : 入門コースを受講された方を対象に,密閉容器内自然対流の例題を使って,実験結果との比較により妥当性を検討しながら,メッシュや境界条件への依存性について学びます.

備考 : 入門コースと合せて受講することで,日本機械学会計算力学技術者熱流体分野初級認定申請資格・2級受験資格が得られます.

受講にあたって必要な環境:
 C1と同じ環境を利用します.

 

詳細は,オープンCAE学会のサイトをご確認ください。

http://www.opencae.or.jp/activity/symposium/opencae_symposium2022/ocae2022_training/