COUNTER337190
 

アクセス

富山県立大学へのアクセス方法は,下記サイトをご覧ください。
   富山県立大学へのアクセス

最寄り駅は,JR 小杉駅 です。
 JR小杉駅南口から徒歩約20分(約2Km),または,
射水市コミュニティバス 「14.小杉駅・太閤山線」に乗車約5分です。

外部リンク:射水市コミュニティバス「14.小杉駅・太閤山線」

<お車>
 無料駐車場がご利用いただけます。下記学内マップをご参照ください。
     富山県立大学学内マップ
 

お知らせ

OpenFOAMによる熱流体シミュレーション入門講習会を富山にて開催いたします。
詳細は,こちらをご覧ください。
 
OpenFOAM に関する情報を,研究室メンバーから報告します。
 

オープンCAE勉強会 @富山 OpenFOAM関連講習のまとめ

<< OpenFOAM 入門・初心者向け講習 >>

はじめてのOpenFOAM OpenFOAM入門講習会 (講師:富山県立大 中川),第13回 オープンCAE勉強会@富山 2014/01/25
20140125はじめてのOpenFOAM_part1_公開.pdf
20140125はじめてのOpenFOAM_part2_公開.pdf


<< OpenFOAM でのプリ処理・メッシュ生成 >>


snappyHexMeshを使ったメッシュ作成(講師:富山県立大 中川),第8回 オープンCAE勉強会@富山 2013/03/23
20130323snappyHexMesh超入門_実習.pdf
例題ケース  OF220_case.zip

OpenFOAMのためのメッシュ生成入門 (講師:富山県立大 中川),  第11回 オープンCAE勉強会@富山 2013/06/08
20130608メッシュ生成超入門_実習_修正版.pdf
blockMeshCases.zip
snappyHexMeshCases.zip

OpenFOAMメッシュ生成入門(ユーティリティの使い方) (講師:富山県立大 中川),第13回 オープンCAE勉強会@富山 2013/08/31
201308OpenCAE_lecture改訂版.pdf
OpenFOAMによるメッシュ操作入門(講師:富山県立大 中川),第21回 オープンCAE勉強会@富山 2014/05/10
20140510メッシュ生成入門_実習_公開.pdf
Training-Mesh-OpenFOAM-basic.zip

cfMeshによるメッシュ作成入門(講師:秋山善克 氏),第24回 オープンCAE勉強会@富山 2014/08/23
cfMeshによるメッシュ作成.pdf

cfMeshによるメッシュ作成入門(講師:秋山善克 氏),第35回 オープンCAE勉強会@富山 2015/08/22
cfMeshによるメッシュ作成_公開版.pdf


<< OpenFOAM の ソースコード / プログラミング / カスタマイズ >>

OpenFOAMソースコードの眺め方:はじめの一歩 (講師:富山県立大 中川),第11回 オープンCAE勉強会@富山 2013/06/08
OpenFOAMソースコード解読へ向けてpt1_v1.pdf

OpenFOAM(R)ソースコード入門pt1 熱伝導方程式の解法から有限体積法の実装について考える(講師:富山県立大 中川) ,第16回 オープンCAE勉強会@富山 2013/11/17
20131117laplacianFoam解読講習_後編.pdf
netBeans設定方法v0.pdf

OpenFOAMのカスタマイズ・ソースコード改造 超入門(講師:富山県立大 中川),第19回 オープンCAE勉強会@富山 2014/03/23
OpenFOAMカスタマイズ超入門.pdf   OpenFOAMカスタマイズ超入門 講習テキスト
変更箇所説明.pdf   ソースコードとチュートリアル修正箇所説明

OpenFOAMのカスタマイズ・ソースコード改造入門(interFoamへの温度場計算追加)(講師:富山県立大 中川),第25回 オープンCAE勉強会@富山 2014/09/27
20140927LectureText.pdf 講習テキスト
変更箇所を明記したソースコードは オープンCAE勉強会@富山 ページのファイルキャビネットに保管
変更済みソースコードなどは,下記から取得可能
https://github.com/snaka-dev/Training_OF_customize_thermal-interFoam/releases

OpenFOAMのソースコードとコンパイルの基礎(laplacianFoamを中心に)(講師:富山県立大 中川),第28回 オープンCAE勉強会@富山 2014/12/13
20141213OpenFOAM_compile_basic_r0.pdf

OpenFOAMカスタマイズ超入門:ソースコードの構造を見る(講師:富山県立大 中川),第33回 オープンCAE勉強会@富山 2015/06/13
20150613OpenFOAMソースコード構造基礎講習_v1.pdf

OpenFOAMを理解するための第1歩(講師:富山県立大 中川),第43回 オープンCAE勉強会@富山 2016/05/28

OpenFOAMソースコード入門 pt.1  熱伝導方程式の解法から 有限体積法の実装について考える (講師:富山県立大 中川),第45回 オープンCAE勉強会@富山 2016/07/23
前編:有限体積法の基礎確認
     20160723laplacianFoam解読講習_前編.pdf
後編:laplacianFoamでの実装
 
OpenFOAM関連情報:公開[全件一覧]
12

非等方性熱伝導率とOpenFOAM(0件)URLS Nakagawa2016/07/06(0票)
OpenFOAM を使い始める人へのアドバイス(0件)URLS Nakagawa2016/04/17(2票)
OpenFOAM 枝分かれ バージョン など(0件)URLS Nakagawa2016/04/17(0票)
OpenFOAM バグトラッキングシステムの見方(0件)URL画像S Nakagawa2016/04/17(0票)
OpenFOAM LES計算の Fluentとの比較。(0件)URLS Nakagawa2016/04/06(0票)
OpenFOAMのRANS検証報告(0件)URLS Nakagawa2016/04/06(0票)
Ubuntu と OpenFOAM の バージョンについて(0件)URLS Nakagawa2015/05/07(0票)
netBeans使った OpenFOAM の デバッグ(0件)URLアップロードファイルS Nakagawa2015/01/30(0票)
OpenFOAMのセル中心座標を取り出す: writeCe...(0件)URLS Nakagawa2014/10/06(1票)
cfMesh を並列実行した後の メッシュ結合(0件)S Nakagawa2014/08/08(0票)
cfMesh での OpenFOAM用メッシュ生成(0件)S Nakagawa2014/07/19(0票)
cfMesh インストール方法(0件)URLS Nakagawa2014/07/19(0票)
引数の数が合わない? C++ デフォルト引数(0件)URLS Nakagawa2014/06/06(0票)
Salome で STL の解像度を変更する方法を検討中(0件)URL画像S Nakagawa2014/06/06(0票)
run-time selectionについて(0件)URLS Nakagawa2014/06/06(0票)
OpenFOAMのpos(),neg()関数と,その組み合...(0件)S Nakagawa2014/06/06(0票)
blockMeshDict の様子を可視化できる GUI(0件)画像S Nakagawa2014/06/06(0票)
blockMesh にスムージングを追加した拡張版(0件)URL画像S Nakagawa2014/06/06(0票)
PyFoamのインストール(0件)URLS Nakagawa2014/06/03(0票)
OpenFOAM学習者向け C++プログラミング基礎 - ...(0件)S Nakagawa2014/06/03(0票)
12

OpenFOAM関連情報:公開 >> 記事詳細

2014/05/28

Salome で STL の解像度を変更する方法を検討中

Tweet ThisSend to Facebook | by S Nakagawa
OpenFOAMのsnappyHexMeshでメッシュ生成することがあります。
その時に使うSTLファイルを,Salomeで作ることがあります。
Salome からExportしたSTLの解像度が粗いので,改善する方法を探しています。
とりあえず,1つの方法がありました。メモします。
邪道かもしれません。正式な方法をご存じの方がいらっしゃいましたら,お知らせ頂けるとありがたいです。

SALOME で,File - Preferences を選択する。
表示されるPreferencesウィンドウで,左からGeometry を選択する。
Setting中のDeflection coefficient の値を変える。

Deflection coefficient を小さくすると,STLの構成する面の要素も小さくなる。


変更例(半径0.01の円柱を作成し,底面を見たところ)
Deflection coefficient = 0.001 (Default値)


Deflection coefficient = 0.0001


Deflection coefficient = 0.00001


このように変化します。
とりあえず,曲面の粗さがすこし改善できます。
なお,上記の図は,SalomeからSTL形式でエキスポートしたものを,Paraviewで開いて表示したものです。

salomeのユーザーガイドによりますと,
Deflection coefficient - allows to define default deflection coefficient for lines and surfaces. A smaller coefficient provides better quality of a shape in the viewer.
ということです。
http://docs.salome-platform.org/salome_7_3_0/gui/GEOM/geometry_preferences_page.html
トラックバックURLhttp://eddy.pu-toyama.ac.jp/index.php?action=journal_action_main_trackback&post_id=65
20:43 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | トラックバック(0) | OpenFOAM